いちじく

いちじく

内側に多数の白い小花が密生し、花軸が肥大化したものです。だから、食べている部分は厳密には果実ではなく、花にあたる部分なのです。大阪府では南河内地域(藤井寺市、羽曳野市)で栽培が盛んです。

収穫時期 大阪府下:8月~10月(露地栽培)

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    いちじくソース

    お肉を焼いた後の油でいちじくをソテーして、はちみつとワインビネガー、バルサミコ酢、塩、こしょうで煮詰めるだけ。お肉やサラダと相性がいいソースです。

  • 手間なし簡単!

    女性にうれしいスムージー

    いちじく、リンゴ、ヨーグルト、バナナ、レモン、酢を入れて、ミキサーで撹拌するだけ。水溶性食物繊維ペクチンが豊富なので、便秘の方におすすめです。

  • ひと手間で技あり!

    いちじくコンポート

    いちじくを白ワイン、砂糖、お好みの紅茶のティーバッグに入れて煮詰めると、いつもと違う香り豊かなコンポートが出来上がります。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • 形が丸くて重さがあり、香りが強いものがよいです。
  • 表面の皮にキズや傷みがないものがよいです。
  • 果実の先端部分が割れそうなものはよく熟しています。

ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してください。ただ、日持ちしないので、購入後は出来るだけすぐに食べてください。食べきれない時は、ジャムなどにして保存。湯むきをすると簡単に皮がむけます。未熟な実は酵素効果が低くいろいろな成分が多く、胃を傷つけてしまう可能性があります。

大阪府農業協同組合中央会