さつまいも

さつまいも

秋に収穫され、秋からは初ものが、冬から翌年春までは貯蔵されたものが出回ります。熟成がちょうどよい具合になるのが冬場で、甘みがのります。東日本では繊維が少なく甘味が強い「紅あずま」、西日本では金時豆のように鮮やかな紅色の「なると金時」の栽培が多いです。また最近では大阪府内でも、肉色がオレンジ色の「安納芋」や、甘くて栄養価が高い「紅はるか」など、様々な品種を栽培している生産者が増えています。

収穫時期 大阪府下:初もの9月~11月・貯蔵もの12月~1月

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    レンジで簡単!ふかしいも

    洗ったさつまいもを湿らせたキッチンペーパーで重ねて包み、電子レンジ(500W)で2分、その後、解凍モードで20分程あたためると甘くておいしい「ふかしいも」が出来ます。

  • 手間なし簡単!

    炊飯器でホクホク!ふかしいも

    薄く水を張った炊飯器にさつまいもを入れて、じっくり炊飯モードで炊くと、ホクホクでおいしい「ふかしいも」が出来上がります。

  • ひと手間で技あり!

    プラスワンでスイートポテト

    やきいもにアイスクリームを入れて混ぜるとスイートポテトが完成。お好みでバターやチーズ、ココア、チョコレートなどを入れると、よりおいしく仕上がります。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • 全体的にふっくらして、ずっしり重みがあるものが良品です。
  • 皮にツヤがあり、色が均一なものがよいです。
  • 切り口が黄色っぽいものや蜜が出ていると糖度が高いです。

寒さに弱いので冷蔵庫での保存は厳禁。新聞紙に包み、陽のあたらない場所で常温保存してください。さつまいもはゆっくり加熱すると甘みが増すので、レンジよりも蒸し器やオーブンで時間をかけて加熱したり、煮込み料理が最適です。

大阪府農業協同組合中央会