えだまめ

えだまめ

えだまめは大豆の成長過程を食用とする野菜です。枝豆として栽培されているものは大きく分けて3種類、種皮やサヤのうぶ毛の色の違いから、「白毛豆(青豆)」「茶豆」「黒豆」に区別されます。枝豆用に改良した枝豆専用の品種も生まれ、専用品種は400種以上にも及び、各地に独特の在来種があります。大阪府では八尾市を中心に栽培しており、大阪のえだまめは「なにわ特産品」に選定されています。

収穫時期 大阪府下:5月~10月(露地栽培)

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    おいしさの保ち方

    収穫直後のえだまめは、水1Lに対して4gの塩を加えて5分程度茹でるとよいです。糖分(ショ糖)から減るので、日が経過したものは、塩2g砂糖2gを入れて糖分を補うとおいしさが保たれます。

  • ひと手間で技あり!

    おいしさUP!

    えだまめに塩をふり、30分程度味をなじませた後、フライパンで蒸し焼きにします。えだまめは焼く方が、香りが豊かになり、麦芽糖と旨み成分が作られ、おいしくなります。

  • ひと手間で技あり!

    アレンジえだまめ

    焼きえだまめに、オリーブ油とにんにくを加えてペペロンチーノ風にしたり、ラー油を加えて中華風にしたり、お好みのアレンジ焼きえだまめを味わってください。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • 枝の間隔が短く、サヤが密生しているものがよいです。
  • うぶ毛が濃く、サヤの緑が色鮮やかなものがよいです。
  • 枝や茎、葉に変色がなく、みずみずしいものがよいです。

枝付のえだまめの方が日持ちがよく、味が落ちないです。買ってきたらすぐに茹でるのがよいですが、保存する場合は、新聞紙に包んで野菜室に入れてください。冷凍保存の場合は、硬めに茹でて冷凍してください。

大阪府農業協同組合中央会