とうがん

とうがん

冬瓜と書きますが、夏が旬の野菜です。日陰の風通しのよいところで保存すれば、冬まで保存ができることから「冬瓜」という名がついたと言われています。小さい姫とうがん、丸形の大丸とうがんなど種類も多く、各地には在来種も多いです。低カロリーですが食べごたえがあるので、ダイエット向け野菜として人気です。

収穫時期 大阪府下:6月~9月(露地栽培)

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    むくみ対策

    とうがんのしぼり汁にレモン果汁とはちみつを加えて飲むと、カリウムの利尿作用が働き、むくみ対策によいです。

  • ひと手間で技あり!

    夏場にぴったりの冷製スープ

    時間をかけてとうがんを煮込むと、トロトロなスープになるので、しょうがを加えて冷やすと、夏場にぴったりの冷製スープができあがります。

  • ひと手間で技あり!

    涼しさを演出

    小さいとうがんを器にして使うと、暑い夏場の食卓に涼しさを演出することができます。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • 実が詰まって、切り口が白いものがよいです。
  • 表面に白い粉がふいているものは熟しています。
  • 収穫したてのものは表面にうぶ毛が生えています。

丸ごとであれば貯蔵性があるので、風通しのよい場所においてください。カットしたものはラップに包んで野菜室で保存してください。カットした状態では長く持たないので、早めに食べるようにしてください。

大阪府農業協同組合中央会