かぼちゃ

かぼちゃ

甘味が少なく粘質の「日本かぼちゃ」、ほくほくとした食感の「西洋かぼちゃ」、形がユニークな「ぺポかぼちゃ」の3種類を日本で栽培しています。収穫の旬は夏ですが、収穫後貯蔵し、熟成させるとでんぷんが糖分に分解されておいしくなります。大阪で栽培しているかぼちゃとしては、大阪市発祥の「勝間南瓜」が有名です。

収穫時期 大阪府下:収穫の旬 6月~7月 (露地栽培) 食べ頃の旬 9月~12月

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    かぼちゃグラタン

    薄切りにした「かぼちゃ」をグラタン皿に並べて、豚バラ肉、チーズ、マヨネーズ、パン粉をかけてオーブンで焼くと、簡単にかぼちゃグラタンが完成します。

  • 手間なし簡単!

    カロテン吸収率UP!

    かぼちゃは油で調理すると、カロテンの吸収率がアップするので、炒めもの、天ぷらなど油を使う調理がおすすめです。

  • ひと手間で技あり!

    1日置いて

    お鍋に切ったかぼちゃに入れて、上から砂糖をかけて1日置くと水分が出てきます。そのかぼちゃの水分で煮物をすると、べちゃっとしない、かぼちゃの煮物が作れます。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • 果肉がぎっしりと詰まって色が濃いものがよいです。
  • ヘタの周りがくぼんでいるものは完熟しています。
  • 完熟しているものはタネがしっかりと膨らんでいます。

丸ごとは、風通しのよいところに置くと2カ月程度保存できます。ただ、傷があるとそこから傷むので、表面や底を定期的にチェックしてください。カットしているものは、タネとワタを取り除きラップして野菜室に。冷凍保存の場合は茹でてから冷凍してください。

大阪府農業協同組合中央会