きゅうり

きゅうり

90%以上が水分ですが、ビタミン、カリウムなどの栄養価も含んでいます。黒イボ系と白イボ系品種、イボがない「フリーダム」、半白、ハート型などの種類があります。表面に白い粉がでないブルームレスきゅうりが栽培の主流ですが、近畿圏では、パリッとした歯ごたえがあり風味がよい、昔ながらのきゅうりの栽培も行なっています。

収穫時期 大阪府下:6月~10月(露地栽培)

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    和えるだけでOK

    きゅうりをざっくり叩いて割り、砂糖・ごま・みそ・ごま油で和えるだけで、ひと品が出来上がります。包丁の背などでたたいてきゅうりを割ると調味料の味がなじみやすくなります。

  • ひと手間で技あり!

    ガスパチョ風冷製スープ

    きゅうり・にんにく・ヨーグルト・ビネガーをミキサーにかけるとガスパチョ風冷製スープが出来上がります。水分含有量が多い「きゅうり」の特徴をいかしたメニューです。

  • ひと手間で技あり!

    トマト×きゅうりは要注意!

    きゅうりはビタミンCを破壊する酵素「アスコルビナーゼ」を含むので、トマトときゅうりのサラダを食べる時は、酸味があるドレッシングやレモン果汁をかけると栄養が損なわれずに摂取できます。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • お尻がとがっていなく、太さが均一なものがよいです。
  • イボが痛いぐらいに張っていれば新鮮です。
  • 弾力性とハリがあり、緑の濃いものがよいです。

きゅうりは水、熱、温度変化、低温に弱いので、ビニール袋やラップをして野菜室で保存してください。ぶら下がり野菜なので立てて保存するとよいです。長期保存の場合はスライスして冷凍し、使用する時は解凍して使ってください。

大阪府農業協同組合中央会