泉州水なす

泉州水なす

大阪府の泉南地区で栽培されていた在来品種で、今では大阪産野菜といえば泉州水なすとイメージする人は多いです。アクが少なく、水分を多く含み、ほのかな甘みがあります。 生で食べることができる全国的に珍しいなすです。水をたっぷりあげ、皮が傷つかないように育てなければいけないので、栽培には手間がかかります。

収穫時期 大阪府下:5月~11月(露地栽培)

おすすめの調理法

  • 手間なし簡単!

    フルーツと和えたサラダ

    切った泉州水なす、オレンジ、フルーツトマトを和えてサラダにします。フルーツと水なすの味の相性がよく、みずみずしさを味わえておいしいです。

  • ひと手間で技あり!

    ひと晩寝かせてマリネに

    水なす、レモン汁、はちみつ、オリーブ油をひと晩寝かせると、水なすのマリネになります。酸味が色止めとなります。

  • ひと手間で技あり!

    生産者おすすめの食べ方

    沸騰した鍋に水なすを入れ、火が通ったら鍋から出し、水なすを固く絞り、しょうが醤油をつけて食べるのが、生産者おすすめの食べ方です。

保存方法や選び方のコツなど!

ワンポイントアドバイス

  • ヘタのトゲが鋭くとがっていて触って痛い方が新鮮です。
  • 色ツヤがあり、大きさに見合う重みがあるものがよいです。
  • ヘタのすぐ下の首の部分から丸く大きいものがよいです。

水分が多い野菜なので、風に当たらないようにラップや袋に入れて野菜室で保存してください。冷凍保存は向きません。どうしても保存する場合はピューレ状で保存してください。

大阪府農業協同組合中央会